ロゴとタグライン

Fora=「場」

“Fora”は、ラテン語で「場」を意味します。この名前には、⼆つの意味がこめられています。

  1. Foraは、豊かな学びの場を創り続けていくという意味
  2. Fora自身が、教育を実践し、問い続け、広げるための「場」になっていくという意味

ロゴに込められた意味
Foraのロゴは、designing plus nineさまのご協力のもと完成しました。Foraのロゴには、次のような意図が込められています。

  1. Foraには「場」の意味があることから円を基調としたイメージとなっています。
  2. “a”の文字が全体を包み込んでいることは、2つの意味を表しています。
    • Foraのつくる「場」は、皆が参加できるあたたかい話でありたいという意味
    • Fora自身が「場」として、誰も置き去りにしないよう、教育の機会均等に挑戦するという意味
  3. “F”の文字が上のほうに抜けていくことは、未来に向かっていくというイメージを表しています。

場づくりで主体性を引き出す

Foraのタグラインは「場づくりで主体性を引き出す」となっています(2017年7月〜)。

  1. 「場づくりで」
    • 「Fora=場づくり団体」というアイデンティティを表しています。
    • 「Fora=教育変革の場」にしていこうコミットメントを表明しています。
  2. 「主体性を引き出す」
    • 「人生を歩み始める第一歩」を歩み出すことを応援したいという意味が込められています。
    • 「主体性」は「自分の人生を歩む」「物語の主人公になる」「やりたい!と出逢う」といった意味で使っています。
    • 「引き出す」には、主体性は学び手にもともと備わっており、Foraはあくまでそれが現れやすくなる場をつくる、あくまで応援側の立場にいる、という意味が込められています。


学問ファシリテーター育成講座、第3期生募集!

 

参加者を主役にし、メッセージを深く伝える場づくりに必要なファシリテーション能力。楽しく真剣な学びの場を作ったり、新たな発想を生んだり。あらゆる場で生かせる能力を、実践を通じて高めませんか。