代表メッセージ

一般社団法人Foraのホームページを見てくださり、
誠にありがとうございます。

一般社団法人Foraは、昨年4月に設立された新しい組織です。これまで学校教育の現場で、正規の授業枠を頂きながら、進路を考える授業を重ねてきました。すでに約40校、12000人の高校生を対象に授業をさせていただきました。

私達が伝えているのは、そもそも進路や人生には正解がないという「仮決め」の姿勢とその重要性。机の前で、悩んでいるのではなく、仮でもいいので決めてみて、実際に動いてみて、仮説検証を重ねていきながら、よりよい進路選択等に繋げていくことの重要性です。

高校生にとって卒業後の進路を考える機会は、その後の人生も見据えて考える大切な契機です。確かに多くの高校生がそうであるように、「なんとなく」選ぶ選択肢や、「誰かに決めてもらう」選択肢のほうが確かに選びやすく考えるのも楽かもしれません。ただ、私たちは、一度しかないその人生において、この機に将来に対して、正面から向き合い、絶対的な答えのないこれから先の将来において、自分自身のことを問い続けていけるような姿勢を涵養することができればと授業をさせていただいております。

授業では、アクティブラーニング型のワークショップを実施しており、大学の学部や学問の魅力を伝えるのと合わせ、楽しみながら周りの人と協力して学習し、遊びと学びとが両立するような授業を探求しています。300名を超す現役の大学生にも協力してもらい、「楽しく、かつ、真剣な」授業をコンセプトに、これまで平均4.3ポイント(満点5ポイント)の高い満足度で授業を実施させていただきました。

一般社団法人Foraの、“Fora”の名前の由来は、ラテン語で“場”という意味です(Forumの語源です)私達はこれからも、自分自身の人生を考える場であると同時に、私達が教育を絶えず問い続けられるような団体でありたいと思います。

最近では、学校関係者や、教育行政の関係者、地方教育行政の関係者はもちろん、政治/行政の関係者、経済界や企業関係者をはじめ、NPO関係者、地域社会の方々ともお話をさせて頂くことが増えてまりました。学習指導要領の改定等の日本の教育業界が変わるタイミングであり、また、世界が大きく変わるタイミングであるいま、日本の教育が子どもたちに対して、その役割や期待を果たせるようこれからも努めてまりいます。

引き続き、様々なご支援をよろしくお願い致します

代表理事 藤村 琢己
共同代表 亀岡 恭昂


学問ファシリテーター育成講座、第3期生募集!

 

参加者を主役にし、メッセージを深く伝える場づくりに必要なファシリテーション能力。楽しく真剣な学びの場を作ったり、新たな発想を生んだり。あらゆる場で生かせる能力を、実践を通じて高めませんか。