神津島フィールドワーク Foraの探究学習

神津島フィールドワーク Foraの探究学習

2018年3月13~14日に都立神津島高校で、高校生と島の課題を見つけ、改善策を探るフィールドワークを実施しました。

本企画は、東京大学公共政策大学院の研究プロジェクトとして行われ、Foraはプログラム開発と大学生によるファシリテーションを担当しました。

フィールドワークの中で高校生は、島の課題を議論し、島の住人に取材をしたりして、自分たちでまとめた提案を、浜川謙夫村長らに発表しました。

朝日新聞デジタルから取材をいただき、2018年3月19日に掲載いただいています。

高校生からは「考えるだけではなく行動することを学べた」と、まさに探究学習の意義を感じてもらえました。

改めて、これから未来を生きる高校生の可能性を感じられた2日間になりました。

Foraは今後も、高校生自らが行動を起こすためのきっかけを届けていきます。