南多摩中等教育学校でのTA募集

【日本最先端の探究学習をしている公立の学校を知っていますか?】
【公立高校での1年間のプロジェクト学習TA募集(若干名)】

その学校は、東京都南多摩中等教育学校です。南多摩中等教育学校は、生徒ひとりひとりの興味・関心を大切にした探求学習を行っています。2010年に東京都によって設立されてから、もう卒業生が2期目まで出ていますが、探求学習の成果もあって、東大の推薦入試に合格者がいたり、アメリカのコロラド州立大学に合格者がいたりします。

探求学習に取り組むのは、「予測困難な時代を生き抜く力」を養成するためです。中学1年生から高校2年生まで、5年間にわたる濃密な探求学習に取り組みます。授業では、生徒ひとりひとりが自分の探究したい問いをみつけ、仮説をたてて活動していきます。先生はここでは、生徒の興味・関心を引き出し、生徒のやりたい!という気持ちをアシストするファシリテーターです。(詳しいカリキュラム内容はパンフレットをお読みください。)
http://www.minamitamachuto-e.metro.tokyo.jp/…/content/00013…

この南多摩中等教育学校の教育方針は、「場づくりで主体性を引き出す」というForaの理念とぴったり一致しています。プロジェクト学習という場を通して、夢中になってしょうがないものを見つけ、生徒たちが主体的に取り組みはじめる後押しをする。さらに、資質能力を育成することで、「やりたい」という気持ちを「できそう」という感覚につなげる。僕らは、こんな教育がやりたくて、広げたくて、Foraを立ち上げたんだという気持ちに改めてなりました。
南多摩中等教育学校は、平成29年度から東京都の枠組みである「知的探求イノベーター校」に指定されています。南多摩中等教育学校での活動のエッセンスは、じきに東京都の学校に伝わり、全国に広がっていくでしょう。このことは、2020年の教育改革を考えたときに、とても重要なことだと思っています。

南多摩中等教育学校との協働がどこまでうまくいくかはまだまだ未知数です。しかし、挑戦する価値はあると考えています。南多摩中等教育学校との協働を通して、誰もが夢中になれるなにかを発見できるカリキュラムをつくりたい。その挑戦に一肌脱いでくれる人を募集したいと思っています。
そこで、今回、南多摩中等教育学校で、実際に探求学習に関わり、TAとして生徒の興味・関心を引き出し、生徒と一緒にうんうん唸りながら伴走してくれる人を募集します。主な活動内容は、週1回のゼミ支援、生徒の研究へのアドバイス、毎週1回大学生で行う定例勉強会への参加・発表などです。多少、東京都の予算から謝礼もお出しできます。
夢中になれる「問い」との出逢い。それを支援するために、一緒に活動しませんか?ぜひ一緒に、素晴らしい教育プログラムをつくりあげましょう!!

2018年3月15日
共同代表・亀岡恭昂

□詳細(一部、変更の可能性があります)___
・時間:
水曜日10:00から15:00
(10時〜12時が勉強会、12時〜13時が準備、13時〜14時が授業、14時〜15時がふりかえり)
基本的に学期中は毎週(週により休みのときもあり、年に20回を想定)
・場所:
南多摩中等教育学校(最寄駅は京王八王子徒歩5分 JR八王子徒歩15分)
・取り組みのの内容
:ゼミ形式の授業支援
: 生徒の研究へのアドバイス
:毎週1回定例勉強会への参加・発表
・TA募集人数:3名程度
・給与:週5200円 ※交通費含む
・条件
:原則、毎週・1年間通っていただける方
(留学など予定あれば相談のります)
:大学学部3年生以上(院生も可)
・求められる資質
:アカデミックスキル(仮説検証や問題分解できる能力)
:ファシリテーション能力
・応募期限:3月20日まで
・活動開始:2018年4月から
・応募方法:現在は終了しております。
・見学会:実際の生徒の授業の様子を見学する回もございます。フォームに見学会希望欄があるので、そちらにご記入ください。見学会の後に、応募を確定することも可能です。