学問ファシリテーター育成講座

学問ファシリテーター育成講座とは?

Foraの思う、良い場とは?



そんな場を作るための「ファシリテーション能力」とは?

「伝えたいこと」を「伝わる形に」
自分が「絶対に伝えたいメッセージ」が何なのかを明確に捉え、「伝わりやすい構成」で届ける、メッセージを整理整頓することで、参加者から見て受け取りやすい形を考えます。
参加者が「安心し報われる場」に
参加者が主役になるためには、「ここにいて良いんだ」「参加すると報われるんだ」と思えるような雰囲気が必要。相手の気持ちを汲み取り察知する観察力と、参加しやすい仕組みを作る設計力が求められます。
変化する場を、変化しながら対応する
参加者に主役になってもらうためには、予測できない参加者の動きや、時間や環境の制限に合わせて、柔軟に対応できる力が必要です。また、常に自分と場の状態を把握できる、余裕と冷静さが必須です。

講座の流れ

前半は週1回の講座でインプット(12月中旬まで)

後半は実践と応用を自分の予定に合わせて(11月〜3月末まで)


担当ファシリテーター

杉山 大樹
東京大学経済学部在学中(6年目)/東大発オンラインメディアUmeeT元編集長/ネット番組「奔走20代」メインパーソナリティ/一般社団法人Fora理事

竹田 琢
青山学院大学国際政治経済学部在学中/青山学院大学学校教育法履修証明プログラム修了認定ワークショップデザイナー(21期)

亀岡 恭昂
東京大学大学院教育学研究科/東京大学特任専門職員/OECD日本イノベーション教育ネットワーク協力研究員/慶應大学SFC研究所所員/一般社団法人Fora共同代表・理事


募集要項

募集定員 30名
期間
  • 前半:毎週水曜日19:00−22:00(10月25日-12月20日)
  • 後半:週2回程度、水曜日または土日の19:00−22:00(1月-3月)を予定
    (参加は任意・一部有料。1回あたり2000円程度)
経費 交通費全額支給
参加資格
  • 期間中、大学生、または大学院生である方
  • 説明会・選考会に参加できる方
  • 原則、全ての基礎講座に参加していただける方
  • 授業実践に4回以上参加していただける方
説明会申込み期限 10/6(水)23:59まで
プログラム実施場所
  • 京王井の頭線駒場東大前駅より徒歩5分
参加費 無料(後半の講座は一部有料。1回あたり2000円程度)
募集期間 8/3(木)〜10/6(金)※説明会申し込みフォーム必着

参加までの流れ

STEP1:説明会に申し込む

説明会の参加は、過去のForaへの関与にかからず、必須になります。ご了承ください。
説明会では、Fora・キャリアゼミに関するご説明、学問ファシリテーター育成プログラムの特徴、ミニワーク体験などのコンテンツを実施いたします。

申し込みはこちら↓
https://goo.gl/49ZB6z

説明会日程
9月 9日(土) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
9月10日(日) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
9月 23日(土) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
9月 24日(日) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
—————————————————————
10月 1日(日) 10:00〜12:00 /13:00〜15:00
10月 7日(土) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
10月 8日(日) 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00

STEP2:説明会に参加する

説明を受けた上で、参加したいと思った方には、
説明会の後半1時間程度で簡単な面談をさせていただきます。

開催場所は下記いずれかの日程で行います。
・東大前のシェアオフィス(東大前駅徒歩5分)
・東京大学本郷キャンパス内(本郷三丁目駅徒歩10分)
・コアドハウス(駒場東大前駅徒歩5分)にて行います。


STEP3:結果通知・プログラムスタート

選考会から1週間~10日後以内に、合否をご連絡いたします。

10/25(水)より講座初回スタートとなります。


前期受講生の声

松本あゆみさん(文京学院大学 外国語学部3年)

私は、この講座に参加してから新たな視点が持てるようになりました!

特に「場の環境デザイン」には驚きました。今までファシリテーターの質があれば、議論やワークショップの場はうまくいくって思っていました。でも、この講座で人や物の配置や人数のプロセスがあって、濃い場になることを実感しました。

そして、この講座は他の受講者と実践する機会が多いので、みんなよきライバルとして高め合えました。

 

村上理人さん(早稲田大学 教育学部2年)

僕はこの講座で、自分の今までのファシリテーションのうまくいかない部分に気が付けました。

シチュエーションに合わせたグループファシリテーションの実践で、伝えたことを相手はやってくれなくて…でも、そのときに今まで自分がしていたファシリテーションは、相手に気付かせるじゃなく、教えようとしていたことに気が付きました。失敗を味わえて、これからに繋げたいと思えました!

また、高校の現場を経験できることが大事。相手が反応の分かりやすい高校生なので、相手の立場に立って参加を促す特訓になりました。

 


一般社団法人Foraとは?

目指しているもの

目指す場づくり

これまでの実績

30校の高校で

10000人の高校生へ

5つの都道府県で

授業の満足度

「大学生にもう一度来て欲しいですか?」に対して、94%の生徒から肯定的な回答をいただいています。

「授業は楽しかったですか?」に対して、91%の生徒から肯定的な回答をいただいています。

「授業の内容をこれからも活用したいですか?」に対して、83%の生徒から肯定的な回答をいただいています。


Q. ファシリテーションやワークショップ実施に関して経験がないのですが、プログラムについていけますか?
A. 初心者の方でも、基礎からワークショップ型の研修で楽しく学べるようにフォロー致します。ご心配な点があれば、説明会でご相談下さい。
Q. 学問にあまり詳しくないのですが大丈夫でしょうか?
A. 『学問ワークショップ研修』にて、学問の本質部分を理解し、自分の言葉で説明ができる状態になるワークを実施致します。実際に高校で行うワークショップは、学問について詳しく話せるようになる必要はなく、あくまで高校生が学問に興味を持って調べるきっかけになることが目的です。Foraでは「学問に詳しい」ことより「学問の魅力や特徴を分かりやすく伝える」を大切にしているため、現時点で学問に詳しくなくとも構いません。
Q. 説明会に参加したら、必ずプログラムに申し込まなければならないのでしょうか?
A. いいえ、もし説明会にお越しいただき、プログラムに参加できないと判断された場合は、申し込む必要はございません。興味をお持ちの場合は、ぜひお気軽に説明会にお越しください。


学問ファシリテーター育成講座、第3期生募集!

 

参加者を主役にし、メッセージを深く伝える場づくりに必要なファシリテーション能力。楽しく真剣な学びの場を作ったり、新たな発想を生んだり。あらゆる場で生かせる能力を、実践を通じて高めませんか。