Foraの授業に参加する

一般社団法人Foraでは、キャリアゼミを一緒に大学生を募集しております。
日本の教育の進路指導に問題意識がある人、将来は教育を考えたい人など、ぜひご参加下さい。

<参加方法>
一般社団法人Foraでは、学問ファシリテーター養成講座に参加してくる大学生からまずは授業に参加してもらっています。日程などで参加が厳しい場合には、こちらの一般ファシリテーター申込書に記入ください。弊団体担当者より、授業案内をご連絡いたします。

1.授業参加前の研修

1-a 事前研修の流れ

私たちは、それぞれの学問の魅力に迫るワークショップ型の授業を実施しています。そのため、学問に対する理解やワークショップの内容について事前に研修致します。また、授業を実施する学校の進路課題や先生方の想い、Foraが授業で大切にしていることなどをお伝えします。

2.授業当日の流れ

2-a 授業前

最寄り駅に2時間前に集合し、授業をする大学生たちと学校に向かいます。学校に入ってからは、控室でアイスブレイクを行い、一緒に授業する人たちと最後の準備をします。途中、先生方からも、本日の授業に対する期待などのお言葉も頂きます。

2-b 授業中

体育館や、それぞれの教室で授業を実施します。

私たちが目指すのは「楽しく、かつ、真剣な」授業です。ワークショップ型で楽しく授業しながらも、解説パートで生徒を引き込むような授業を目指しています。

 2-c 授業後

授業終了後に、控え室で、生徒さんから30分程度、質疑応答の時間を設けています。日々の勉強や進路、学問ついてなどが中心です。

また、終了後には、学校の先生からも感想を頂き、授業の振り返りを行います。

さらに、任意ですが、一緒に来た大学生と懇親会やご飯に行ったりもします。様々なバックグラウンドを持った人が集まるので、懇親会にも学びがたくさんあります。

大学生の感想

  • 多くの高校生の前で授業をするのは初めてでしたが、研修が本番を想定したとても丁寧なものだったので、あまり不安なく臨めました。そのおかげか、本番は目の前にいる高校生たちの表情や様子を見ながら進められた気がします。
  • やはり、自分の思いを初めて会う人に、それも生活背景の違う人と話していくという事がとても新鮮で、人に話すってこういうことなのか!と改めてわたし自身がコミュニケーションを学ばせて頂いた気がします
  • ワークの途中や終わりに声をかけると、自分たちのワークをすごく見てほしそうで、関心をもって関われば関わるほど、心をひらいてくれる感覚があったのが嬉しかったです。

3.授業参加後の場

感謝祭

学期ごとに年3回、感謝祭を行なっています。

Foraに参加する大学生は、文系理系問わず様々なバックグラウンドを持っています。また、教育に対する興味を持っている人が多いです。軽食を囲みながら、それぞれの興味関心の話や教育の話などをします。

大学卒業後

今年、卒業した社会人を中心に、社会人コミュニティもできています。

月に一回程度、企業の枠を超え、座談会を行ったり、キャンプに出かけたりしています。


学問ファシリテーター育成講座、第3期生募集!

 

参加者を主役にし、メッセージを深く伝える場づくりに必要なファシリテーション能力。楽しく真剣な学びの場を作ったり、新たな発想を生んだり。あらゆる場で生かせる能力を、実践を通じて高めませんか。