1月〜3月の授業の参加大学生向け研修をPararia東大前様の会場をお借りして、

実施いたしました!

今回の研修は「常識を問い直す」をコンセプトとした『社会学・心理学』の魅力を伝えるワークショップの実施に向けてのものです。

まずはじめに、各グループ毎に自己紹介を行い、

その後簡単に全体でアイスブレイクを行いました。

(写真は、お題にそって、横一列で並ぶゲーム実施している様子です)

 

次に共同代表の亀岡からForaの理念や授業コンセプトの紹介をいたしました。

授業を実施していただくにあたり、まずはForaという団体が何を目指し、

今回担当していただく授業の目的は何かを、知り、理解していただきます。

(Foraに関して詳しく知りたい方はこちらをご覧ください)

次に、今回の研修のメインコンテンツである社会学ワークの体感です。

大学や専門学校で、何の分野に関して学べばいのか、

そもそも各学問分野で何を学ぶことができるのか、

中々イメージできない高校生も少なくないと思います。

Foraでは高校生に対して、進路選択の参考となるような、その学問分野の

”本質”や”面白さ”の一部分を体感できるワークショップを実施しています。

ワークショップは学問分野に沿って合計で10個程度あり、

本日の研修参加者には、社会学・心理学のワークショップを

担当していただくのですが、まずは、高校生の気分になって、

ワークショップを体感してもらいます。

今回実施したワークショップは「影の支配者ゲーム」です。

庶民と答えを知っている影の支配者が、お互いに探り合いながら、

王様の宝物を探すゲームです。

(Foraの実施するワークショップの紹介はまたお伝えします。お楽しみに!)

その後、今度は本番の授業で高校生に実施することを想定して、

各グループ毎にペアを組んでワークを練習します。

最後に、実際に行う授業ですぐに活用できるファシリテーションのコツを

お伝えし、振り返りを行って、研修は終了となりました。

参加者からは

「体験→実践の流れがスムーズでやりやすかった」

「授業の方法に留まらず、心理学や社会学など普段触れる機会の少ない学問に触れられて良かった。」

「運営の皆さんのフランクな雰囲気で一緒に創っていく感じがとてもわくわくしました!」

という声をいただきました!

Foraでは、研修や授業にご興味のある大学生の方のご参加をお待ちしています!

興味のある方はこちらの詳細をご覧ください!

次回の更新もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です